2017
15
Apr

Project海援隊食堂

三重の伝統和牛「伊勢牛」を使った『豚捨の牛丼』

黒毛和牛の肥育が盛んな、三重県。全国的に知られている松阪牛を思い浮かべる方も多くいらっしゃると思いますが、ブランド牛として地域を確立したのは昭和10年ごろ。戦前までさかのぼって三重の良質の肉といえば、「伊勢牛」「伊賀牛」だったそうです。その中で、古来からの伊勢牛ブランドを守り、現代にも伝えているのが、明治42年(1909年)創業の「名産伊勢肉 豚捨(ぶたすて)」。契約農家が丁寧に肥育した精肉を販売、名物料理として提供しています。

地元の方はもちろん、伊勢神宮の参拝客らに人気なのが、牛丼。甘辛く煮た肉と玉ねぎが、丼ぶりいっぱいに盛られ、税込1,000円とリーズナブル。開店前から牛丼目当ての行列ができます。食べ歩きにもってこいの逸品で、同じく伊勢牛を使ったコロッケとメンチカツも人気。伊勢路の旅の記念に、ぜひ。


名産伊勢肉 豚捨 外宮前店

所在地:三重県伊勢市岩渕1丁目1-33
電話:0596-25-1129
営業時間:午前11:00~午後9:00 (L.O.午後8時)
定休日:木曜日
HP:http://www.butasute.co.jp/