2017
20
Mar

海援隊食堂

北三陸のレトロな食堂でいただく『平目漬丼』

全国有数の水揚げ高を誇る港町、青森県八戸市。
新鮮で豊富な魚介類が並ぶ朝市の界隈で、全国的な人気を誇る名物があります。
みなと食堂の「平目漬丼」(ひらめづけどん)です。

八戸港に揚がったヒラメが丼にぎっしり敷き詰められ、ボリュームも満点。
丼ぶりの底にある特製ダレと、中央にたたずむわさび乗せの生卵をしっかり絡めて、ガッとかき込みます。
ヒラメのプリプリとした歯ごたえと味わいが口のなかいっぱいに広がります。
税込で1,000円とお値段もリーズナブル。

八戸は、日本一の漁獲量を誇るイカをはじめ、サバやカレイ、ウニ、キンメダイなど魚種が豊富。みなと食堂では、平目漬丼以外にもさまざまな魚を使った料理をいただけます。八戸の名物「八戸せんべい汁」も一緒に食べられる定食も人気。北三陸の港町ならではの逸品をぜひ、ぜひ。


 

みなと食堂

住所:青森県八戸市大字湊町字久保45-1
電話:017-835-2295
営業時間:午前6時〜午後3時
定休日:日曜日