2017
2
Mar

Project

伝統の天然醸造を次世代へつなぐ『木桶職人復活プロジェクト』が3月4日、東京でイベント開催

失われつつある木桶職人の技と天然醸造による本物の味を、後世に残したい。

「木桶職人復活プロジェクト」(代表:ヤマロク醤油五代目・山本康夫)は2011年秋、香川県小豆島町の醤油職人らが中心となって立ち上げました。和食の基本となる醤油や味噌・みりんなどの発酵調味料は江戸時代まですべて、木桶で醸造されていましたが、時代の変遷とともに姿を消しつつあります。醸造用の大きな木桶を作れる職人は、全国でわずか6人。このプロジェクトは、乳酸菌や酵母菌といった微生物が造りだす、木桶ならではの天然の味わいを後世に残すため、地域を超えて様々な活動を展開しています。

今回、このプロジェクトに、日本全国の食品や工芸品などを取り扱う日本百貨店(本社:東京都港区、代表:鈴木正晴)が賛同し、創業時から取り組むものづくり支援の一助として、都心部での発信活動を行うことになりました。その一環として、3月4日(土)から東京・秋葉原の店舗内にて、醸造用の巨大木桶を展示します。同日に職人を招いてのトークイベントも実施。都心の消費者に伝統的な醸造文化の魅力を直接お伝えします。

木桶展示コーナー開設記念「木桶職人復活プロジェクト」イベント概要

日 時:2017年3月4日(土)午前9時〜午後0時30分
会 場:日本百貨店しょくひんかん、こまきしょくどう
所在地:東京都千代田区神田練塀町8-2(ちゃばら内)
内 容:①醸造用木桶の搬入・書き込み・展示
②木桶職人トークイベント(一般参加者定員30名)
③商品即売会など
申込み:イベントへの参加をご希望される方は、ちゃばら内の「こまきしょくどう」(☎︎03-5577-5358)まで
参加費:2,500円(税別)
特 典:申し込み者全員に醤油職人の醤油本をプレゼント。木桶お披露目会にも参加可能

木桶職人復活プロジェクトの活動については、こちらのサイトをご覧ください。
http://yama-roku.net/yamaroku/oke-project.html


醸造用木桶展示・イベント会場

日本百貨店しょくひんかん(http://syokuhinkan.nippon-dept.jp

JR秋葉原駅高架下「ちゃばら」内で日本百貨店が展開する食材・食料品専門店。全国各地の産品など約1万アイテムを取り扱う。地域食材を扱う食事処も併設。JR秋葉原駅電気街口徒歩3分。